中学生の頃、本気で怖かったものがあります。それが生物と歴史の教科書。まず生物の教科書って、人の内臓が載っていますよね。かなり詳細に。あれが苦手でした。今となっては平気なのですが、当時は見た瞬間に破り捨てたくなったほど。

歴史の教科書も苦手でした。武将が敵の首を持っている絵があったのですが、精神的にきつかったです。まだ写真じゃないだけマシなのかも知れませんが、人が亡くなっている絵に慣れていなかったので。

なるべく危険なページは見ないようにしていました。ですが授業によっては、絵の感想を求められる事もありますよね。直視するのも苦しかったです。怖い挿し絵は塗りつぶしたり、糊で紙を貼って隠したりもしていました。

あらかじめ、そういう画像があると知っていれば心の準備はできました。いきなり飛び込んできたものですから、パニックになってしまいまして。せめて目次に注意書きぐらいは欲しかったですね。今となっては、まったく平気になりましたが。vio脱毛 おすすめ