宝塚歌劇団宙組の天瀬はつひさん。2013年に99期生として入団しました。初舞台公演は、雪組『ベルサイユのばらーフェルゼン編ー』でした。
組廻りを経て宙組に配属になりました。2016年『Shakespeare ?空に満つるは、尽きせぬ言の葉?』の7年目までの若手だけで演じる新人公演では、女王エリザベスに仕える女官を演じました。同年『エリザベート〜愛と死の輪舞〜』の新人公演では、皇帝フランツに息子を助けてほしいと求めにくる死刑囚の母に選ばれました。短いフレーズですが歌のある役でした。2017年『王妃の館 −Ch?teau de la Reine−』の新人公演では、光ツアーに参加している下田ふさ子を演じました。
2017年『神々の土地〜ロマノフたちの黄昏〜』新人公演では、次期トップ娘役に内定していた星風まどかさんが演じるロシア帝国皇帝ニコライ二世の長女オリガに抜擢されました。2018年『天は赤い河のほとり』では、現代からタイムスリップするヒロイン・鈴木夕梨の妹の詠美を演じました。新人公演では、女官の1人を演じました。即日融資 キャッシング 人気