何日前だったか今年も富士山の初冠雪の発表があったそうです。たぶんもう知ってる人が多い事だと思います。そんな富士山があるのは静岡山梨県境。山梨はともかく、静岡といえば日本の中でも比較的暖かい場所で、桜の開花も早い方、雪も日本の中で沖縄を除きトップクラスに積もりにくい場所だそうです。そんな場所にあるのに山頂に雪が積もり、それが目視でわかるのが北海道の雪の便りが聞こえてくるのとほとんど同じ時期というのが富士山の大きさを表していると思います。富士山は大沢崩れというものが起きていて、これからもそれが続いて長い目で見れば富士山が縮んだり、形が変わってしまったりするそうです。今生きている人間がそんな富士山の姿を見る事は出来ないそうですが。もしかしたら代わりではないですが、火山が噴火する事だってあるかもしれません。富士山は活火山ですから。そんな様々な顔を持つ富士山ですが、日本の象徴の1つというだけあって初冠雪という季節の変化の観測にまで使われているというのはやはり現代まで続く富士山の存在の大きさを感じさせられます。チャップアップ 市販