Month: 2月 2018

綾瀬はるかちゃんドラマがいよいよもっと面白くなってきた

綾瀬はるかちゃん主演の「奥様は、取り扱い注意」を楽しく見ています。
そして、後半になってきて、「やっぱりね。」と思うことがありました。
それははるかちゃんの旦那さん役の西島秀俊さんについてです。
西島さん演じるだんなさんは、最初から、はるかちゃんの同業者ではないかと思っていた人が多いんですよね。
私もそうです。
そして、ラストに近くなってきて、そのような感じのシーンが増えてきています。
そして、予告をみたら、綾瀬はるかちゃんが信用している女性ハッカーを西島さんがコントロールできる立場にあると知りました。
やっぱり、スパイだったんだあと確信中です。
でも、すごくいいだんなさんだったので、綾瀬はるかちゃんの敵にはなりませんようにと祈っています。
最後は二人で巨悪の根源を叩きのめすとかそんな方向で終わって欲しいです。
一つ気になるのですが、空き巣に入った殺し屋のような男に西島さんがノックアウトされてしまったのですが、それは自分の身元を隠すためにわざとなのかなあということです。
そうですよね。
普通はすぐ警察に電話するのに、最初にはるかちゃんに電話してたからきっと、余裕があったんですね。ミュゼ 背中

せっかくちらついた雪も娘にとっては雪と認識されませんでした。

我が家が住んでいる地域は数年に1~2回程度雪が積もります。真冬は積もりはしないけど少し雪がちらつくことがあります。今日がまさにそんな日でした。
ちょうど買い物に出かけている時でした、雪がちらつき始めたのは。いつやむかもわからないので助手席に乗っている娘に「ほら、雪が降り始めたよ」って大慌てで教えてあげましたが娘にはわからない様子。「ほらほら、白いのが舞ってるじゃん」と言うと「ほこりのこと?」という返事が。確かに量が少なすぎて言われてみれば、わたぼこりのような感じもしたけど。こんな変な会話をしているうちにせっかくの雪もやんでしまいました…。
娘にとってはテレビや本で見るようないっぱい積もって雪だるまでも作れるような雪こそが本物の雪と思ってたみたいで今日の雪は雪として残念ながらカウントされませんでした。でも親としては今日のような雪こそが雪と言いたい。積もるほど降られたら洗濯できないし、外に行こうと言われたら寒すぎるし…。今日ぐらいの雪で大変満足のいくものでした。全身脱毛 パンツ