今月に入ってからの事故ですが、川崎市内で、電動自転車を運転していた女子大生が年配女性をはねて死亡させたということがありました。管轄の麻生署では、この20歳の女子大生を書類送検するということにしたそうですが、この事故については、私は、かなり深刻に考えなければならないと思います。まず、事故当時の女子大生の状況は、片手にスマホを持ち、もう一方の手には飲み物を持ち、耳にイヤホンをつけて自転車を運転していたということです。警察では、この行為が重大な過失に当ると判断されたそうですが、ただでさえ、歩きスマホは危険なので止める様に、散々云われているにも拘らず、自転車を運転中にスマホを操作し、更に飲み物も持っているといった状態では、まともな運転は出来ないと思います。亡くなった女性は、こういった不甲斐ない学生の為に命を落とされたわけですが、当事者の女子大生は、「ぶつかるまで気が付かなかった」と話し、スマホ操作の為、前方不注意だったと見られます。たとえ自転車であったとしても、こういった運転では危険ですし、この女子大生もその位の判断は出来たと思います。私が思うに、この女子大生については、成人していることから、実名での報道もあって然るべきと思います。また、マスコミは、有名大学の学生が事件や犯罪を起こした時は大学名を公表していますが、無名大学の場合、大学名は公表しないのが普通になっています。私は、こういった傾向を改め、たとえ無名大学の学生でも、大学名は公表しても良いのではないかと思います。確かに、有名大学の場合であれば世間の注目度も違うと思いますが、そういった問題ではないと思います。今後は、こういった犯罪報道について、マスコミは色々と考えて報道して貰いたいと思います。ウォーターサーバー 木目