みなさん、こんにちは!
最近は一気に暖かくなり、桜も見頃となりましたね。

さてさて、本日は福島県の郷土料理『かんぷら味噌』を作ろうと思います。

ついこないだ、某バラエティー番組の『ケ○ミ○ショー』で私の故郷!福島県の郷土料理が紹介されていて、急に食べたくなった次第です。

地元にいた時は、確かによく食卓に出ていました。

特に、新じゃがの季節(福島県は7月?10月あたりまで)に、お母さんやおばあちゃんが作ってくれていました。

地元では農家も多く、じゃがいもを自分で作っている人がほとんどでした。じゃがいもの収穫をする時期になると、近所でじゃがいもの、「おっそわけ大会」が始まります(笑)

商品にならない小さいジャガイモや、逆に大き過ぎるジャガイモを農家さんから頂いていました。『かんぷら味噌』は、その中でも小さいじゃがいもを集めて作ります。

今さらですが、『かんぷら』とは『じゃがいも』の事を言います。『かんぷら味噌』とは皮ごと揚げたホクホクのじゃがいもに味噌ベースのタレを混ぜてつくる、ご飯のおかずです。

タレは味噌、醤油、砂糖を合わせ火を通し煮詰めたものです。我が家ではアクセントとして刻んだ大葉と白ごまを混ぜていました。

今夜は懐かしい味を存分に満喫します( ^ω^ )http://www.zeorymer.com/yoyaku/